利用限度額はいくらが妥当かなどを判断

キャッシングを利用するためには業者の審査に通らなければなりませんが、審査において重要な判断材料になるのが信用情報です。信用情報というのは指定信用情報機関に登録されている利用者の情報のことであり、簡単に言うと金融業者との取引情報のことです。

 

信用情報に記載されている情報には利用者の氏名や生年月日、住所、電話番号、勤務先、運転免許証の番号などの「属性情報」、金融業者名や契約日、契約金額、貸付金額などの「契約情報」、入金日や借入残高などの「返済情報」、3ヶ月以上の滞納がである「延滞情報」、債務整理や強制解約、保証履行などの「事故情報」、申込業者名や申込日、申込商品などの「申込情報」があります。

 

信用情報の登録期間

ちなみに、信用情報の登録期間は通常、属性情報が取引を継続している間、契約情報と返済情報は解約後5年間、延滞情報は延滞解消後5年間、事故情報は事故発生日から5年間、申込情報は申し込み日から6ヶ月間となっています。

 

業者は自社内の審査において申込書に記載されている属性情報によって貸出が可能か、利用限度額はいくらが妥当かなどを判断します。そして、指定信用情報機関に申込者の信用情報を照会し、申込書の記載内容に虚偽が無いかを確認するとともに、他社との取引履歴を見て最終決定を下します。

 

その時に重要になるのがブラックリストです。ブラックリストと言っても、危険人物の名前の記載された特別なリストがあるわけではありません。指定信用情報機関に登録されている延滞情報や事故情報などのネガティブな情報を総称してブラックリストと呼んでいます。なお、ブラックリストの記録があった場合は例え属性情報で審査にパスしても、貸出が行われることはありません。

 

その他、返済情報を見て他の業者からの借入金額がいくらあるのかを調査し、申込者の年収と照合して総量規制に抵触する危険性のある場合は貸出を拒否したり、利用限度額を抑えたりします。また、申込情報を見ていつどこの業者に申込んでいるかを調査し、短期間に多くの業者に申込んでいるような申込ブラックの状態にある場合は審査から外します。

 

ちなみに、キャッシングに申込んで審査に通らなかった時など、自分の信用情報の中身が気になる場合は、指定信用情報機関に申し込めば開示してもらえます。

審査の早いキャッシングリスト

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日