信用情報機関に金融事故の情報が登録されてしまう

キャッシングやカードローンなどを利用したことがない人でもブラックリストという名前は聞いたことがあると思います。どのようなものかわからなくてもよくない事だというのはわかるのではないでしょうか。このブラックリストですが決して黒いリストが存在しているのではありません。

 

このブラックリストとは信用情報機関に金融事故の情報が登録されてしまうことを言うのです。この信用情報機関には金融トラブルだけでなく金融商品を利用したすべての情報が登録されているようになっています。申込み、審査状況、延滞などの全てです。また金融事故の内容は任意整理や自己破産などの債務整理などです。

 

もしブラックリストに情報が登録されてしまうとその情報は全ての金融機関で共有されてしまうことになります。情報が共有されてしまうのでどこに申込みしても審査で落ちてしまいます。そのためA社で金融事故を起こして使えなくなったからB社借りればいい、ということが出来ないようになっているのです。

 

ブラックリストに登録された場合

このブラックリストに登録されてしまった情報は一生消えないというわけではありません。大体5年ほどで抹消されますのでそれ以降であれば借入することができるようになります。しかし5年お金が借りられないくなるのは案外不便ですよね。キャッシングだけでなくクレジットカードなども利用できなくなってしまうのです。

 

中にはブラックリストに登録されてしまってもお金を借りたくなってしまい、貸してくれる業者を手あたり次第探していると言う人も多いと思います。しかしブラックでも貸してくれるとなると安全な業者ではない可能性がとても高くなってしまうのです。その場の欲求に負けて利用してしまうと法外な金利での取立てが始まってしまい、気が付くと返済できないような借金に膨れ上がってしまうのです。悪徳金融から借りてしまった場合は取立てを無視することは難しいです。嫌がらせを受けてしまう事もあるので借金が返済できずに生活に困ってしまうだけでなく精神的にも追いつめられていくのです。

 

そのような事にならないようにキャッシングなど金融機関からお金を借りた場合は延滞などしないようにし、またもしうっかり忘れてしまってもすぐに連絡して返済してしまう事です。優良な使い方をしていればブラックリストなど全く関係のないことなのです。借入は自分の収入に見合った額を借りるようにして借りすぎに注意して返済は計画的に行うことが大切なのです。

審査の早いキャッシングリスト

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日