自分が申込対象者の条件を満たしていることを確認

キャッシングでは、“審査に通るか否か”ということの前に、申込対象者の条件を満たしていること、そして正しく申込を行うことが重要です。

 

キャッシング会社が設けた条件、例えば「20歳以上70歳未満で定期収入があること」などに当てはまらなければ、そもそも申込はできません。審査の申込にあたっては、まず自分が申込対象者の条件を満たしていることを確認し、そのうえで必要書類を準備して申込をする必要があるのです(なお、こうした条件はキャッシング会社のHPなどで確認できます)。

 

まず借入可能な年齢については、原則として“貸付は20歳以上の成年に対してのみ可能”と決められているため、年齢が足りなければ借入はできません。ただし、20歳に満たなくても、結婚している場合はその例外となり、融資対象になることができます(それは、民法により10代でも結婚していれば成年とみなすと定められているためです)。

 

次に収入についてですが、借入は安定収入がないと原則としてできません。ただ、収入のない専業主婦/主夫でも、配偶者に安定収入が見込める場合は、借入が可能になります(その場合は、配偶者の同意書や収入証明書の提示が求められることがあります)。

 

上記に示したような条件を満たしていてはじめて申込ができる、というわけです(各金融機関ごとに条件の内容は異なります)。

 

とにかくすぐにお金が必要ならおすすめ!口コミで選ばれている最速キャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

※参考:即日キャッシングでお金を借りたい場合
※参考:貸金業法について

 

申込対象者の条件を満たしていることが確認できたら、申込をしましょう。

 

キャッシングの申込をする際には、いくつか提示しなければならない書類があります。まず必ず必要なのは「本人確認ができる書類」。場合によっては「収入証明書」の提出が求められることもあります。

 

本人確認ができる書類とは?

本人確認のための書類としては、基本的に「運転免許証」「健康保険証」「パスポート」「住民基本台帳カード」などのうち、いずれか一つがあれば大丈夫です(ただし有効期限内のものに限ります)。

 

収入を証明する書類とは?

配偶者の収入をもとに借入をする場合や、借入金額が大きい場合には、収入を証明する書類の提出が求められる場合があります。その際には「源泉徴収票」「納税通知書」「所得証明書」「確定申告書」「給与明細書」のうちどれかを提示すれば大丈夫でしょう。

 

会社や利用する商品によって、必要となる書類は変わってきますから、申込をする際には、事前にHPなどで、どのような書類が必要かを調べて、あらかじめ用意しておくことをオススメします。前もって書類を用意してから申込を行えば、「提出しなければならない書類が手元にない」などと慌てずに済みますから、スムーズに申込手続きを進めることができ、そのぶん早くに融資を手にすることができるようになりますよ。

 

キャッシングを利用する際は、第一に、自分が申込対象者の枠に当てはまることを確認し、そのうえで必要な書類を準備して、申込・審査に臨みましょう。

審査の早いキャッシングリスト

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日