信販系、銀行系によって制限が違う

おまとめローンにはどのような規定があるのでしょうか?借入件数や借入額に限度はあるのでしょうか?

 

まずはおまとめローンを申し込むにあたり、借入件数が何件までといった件数制限はありません。信販系カードローン、銀行系カードローンともに基本は何社からの借入があっても問題はありません。
しかし借入件数以外で制限があります。では、どのような制限があるのでしょうか。
その制限は信販系、銀行系によって違いがありますので、それをまとめてみます。

 

〈信販会社、消費者金融おまとめローンの場合〉

信販系の会社は法律(総量規定法)というものに基づき、借入を希望する人の年収の3分の1以上の金額の貸し出しは禁止されています。
解りやすく説明すると、例え10社からの借入があったとしても、その借入合計金が年収の3分の1以上を超えていなければ、おまとめローンを利用することが出来るのです。
その逆に、例え借入件数が1社であっても2社であっても、借入総金額が年収の3分の1を超えてしまっている場合は、おまとめローンを利用することは出来ません。
これはいくら交渉をしても、返済の遅れなどがなく今後も確実な返済計画があったとしても、法律で決められていることですから、どう転んでも無理なのです。

 

〈銀行系おまとめローンの場合〉

現行系であれば大手銀行(三菱UFJ、みずほ銀行など)が用意しているおまとめローンを利用することが出来ます。
銀行系ローンには総量規定法は当てはまらず、借入金額の限度制限がありません。
つまり、借入件数も借入総額も規定は無いということです。
しかし、当然それ以外の規定はあります。
融資する側は当然、借入を希望する人に対して厳しい審査をします。その審査を通過する必要があるのです。
過去に返済の遅れはないか、現在の年収、勤務先、定期収入、担保など様々な査定項目により審査されます。

 

信販系、現行系それぞれの規定を考慮し、自分にあったおまとめローンを選ぶ必要があるでしょう。

審査の早いキャッシングリスト

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日