金融機関の金利の設定と条件をしっかり比較検討

せっかくおまとめローンを利用して複数の借り入れを一本化しても、金利が高ければ何の意味もありません。
おまとめローンを利用した場合の実際の金利はどのくらいになるのでしょうか?

 

もちろん金利は金融機関によって違ってきますが、金利の表現を理解するために一つの例を挙げて解説してみましょう。

 

三菱住友UFJ銀行はおまとめローンのサービスでも有名ですが、金利の説明はこうあります。
三菱住友UFJ銀行おまとめローン利用後の年率は4.6%〜14.6%

 

ずいぶん幅がありますがこれはどういうことでしょうか。
これは三菱住友UFJ銀行の側で4.6%から14.6%の間で、金利を決定するという意味です。
つまり、貸す側が借りる側の信用に合わせて決定するということです。

 

具体的にはどのくらいの金利になるのでしょうか?

初めてその金融機関を利用するが、すでに複数の多額の借り入れがある場合は金利は最低でも10%からに設定されるのが通常です。
しかし、多額の借り入れがあっても、担保として提供できるものがあったり、返済の実績がよかったり、社会的な信用のある立場であったりするとそれに応じて金利は低くなってきます。

 

以上のことから、おまとめローンを利用する場合、どこの金融機関を選択したらいいでしょうか?

 

おまとめローンを利用するのが初めてであれば、まだその金融機関に対しては信用度が低いため金利も最高近くに設定されるのが通常でしょう。
従って、おまとめローンを利用する金融機関を選択するにあたってはその金融機関の最高金利がいくらに設定されているのかを調べることが肝要です。

 

それぞれの金融機関の金利の設定と条件をしっかり比較検討して、自分に一番合った金融機関を選択しましょう。

審査の早いキャッシングリスト

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日